更年期障害の症状はできるだけ早めに診察しよう!

手軽な治療と誤嚥性肺炎

ご年配

医療の進歩により、様々な病気の治療が服薬で行なえるようになりました。薬物療法の中でも、最も簡単に実施できる治療方法だと言えます。高齢者の服薬の際には誤嚥に注意して、錠剤タイプではなく、ゼリータイプの服薬が安心です。

詳しく見る

生きていくために

レディー

岡山には、様々な透析を行っている病院があります。大きな総合病院から個人経営の病院まで様々です。基本的に透析は治療費がかなりかかります。その負担を減らしてくれる制度が色々とあるので、そういった制度を利用するようにしましょう。

詳しく見る

大腸の粘膜が炎症する病気

医者

潰瘍性大腸炎は何らかの事が原因となって、大腸の粘膜が炎症を起こす病気であり、頻回に渡る排便や血便などの便通異常に、様々な合併症が起こるという特徴があります。近年、糞便移植という方法が人気であり、これから実践が増える事が予測されています。

詳しく見る

早期に病院を受診する

女の人

更年期に何が起こるか

更年期障害とは、更年期に起こる様々な体調の不調のことです。一般的に女性の更年期は、閉経を迎える50代前後と言われています。更年期に誰もが不調を感じるわけではありません。若い時までどのように生活してきたかで、大きく症状にも個人差が出てきます。逆に言うと、日常の生活習慣によって、いつか訪れる更年期障害を軽くすることが可能なのです。それでは、具体的に更年期障害にはどのような症状が出るのでしょうか。まず、全身の症状としてめまいやふらつき、耳鳴りや倦怠感、疲れやすくなったり、頭痛や冷え、動悸やほてり、肥満や尿漏れ、などがあります。運動器官系の症状としては、肩こりや腰痛等があります。さらに、精神的な症状も多く出てきます。

食生活も見直しましょう

主なのはうつになったり神経質になったり、睡眠障害になったり意欲が下がったり、物忘れが悪化したりします。さらに、吐き気や嘔吐などもあったり、食欲が落ちたりすることもあります。これらのような症状が出てきたら、まず食生活の見直しから始めてみましょう。食事を一度見直すことで、更年期障害が改善する場合があるのです。ホルモンバランスを整える亜鉛を多く含まれた食品を積極的にとるようにするなどして、毎日の食事にも注意をしましょう。それでも改善が見られない場合には、病院へ早めに行くことをおすすめします。前述した症状が全て出るとは限りませんが、更年期障害を自覚した時は、できるだけ早く病院を受診した方が良いでしょう。自分一人で長く悩み続けると、これらの症状が、悪くなってしまう可能性もあります。