【社会性やコミニュケーション力向上する】放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービス?

放課後等デイサービスと聞いたことがある方も少なく無いでしょう。内容というのは、障害を抱えている子どもを通わせる福祉サービスを言います。約6歳から18歳までの就学年齢までが通えると言われています。ちなみに宇都宮の放課後等デイサービスは人気があると言われています。

放課後等デイサービス

子供
no.1

コミニュケーションの力が向上

発達問題を抱えているお子さまにとって、コミニュケーションはとても大変と言われています。でもコミニュケーションはとても必要不可欠な要素。その苦手と言われるコミニュケーション能力を向上させる取り組みをしてくれるのが放課後等デイサービスです。

no.2

学習力が上がる

同じ年齢の子との勉強に追いつかないのも発達問題を抱えている子の悩みです。そういう悩みを抱えたお子さまでも楽しんで勉強するカリキュラムなどを用意しているため、勉強する楽しさを身につけることでしょう。

no.3

社会性が身につく

社会性というのはルールを守ること、集団の中での行動を合わせることを言います。発達に問題のあるお子さまでは長時間座れないという子もいます。そういった子のために社会性を身につけることができるカリキュラムなどがあるので、安心して社会にでるための基本を学ばせることができます。

【社会性やコミニュケーション力向上する】放課後等デイサービスとは?

女の子

放課後等デイサービスは子供の居場所になる

発達障害を持ったお子さまにとって、一番つらいことが「皆できるのに自分だけできない」ということです。そうなると子供でも大きなストレスを抱えてしまうのです。ですが放課後等デイサービスに通わせることで障害を理解してくれる人が多くなり、安心できる居場所ができるのです。

子供

親の時間もできるので便利

放課後等デイサービスに通わせることで、親の時間に余裕が生まれます。子育てで疲れている体や心を癒す時間を作る時間ができるため通わせる方も多いのです。

婦人

費用について

世帯での年収額によって変わっていきます。年収が約890万円以下なら月約4600円、890万円以上になると約37000円前後になります。各施設によっておやつ代・その他費用について別途必要な場合があるので確認しておきましょう。

広告募集中