更年期障害の症状はできるだけ早めに診察しよう!

手軽な治療と誤嚥性肺炎

ご年配

手軽に実施できます

現在の医療はとても発達するようになりましたので、治療の中心が服薬になりつつあります。例えば昔は医療の花形は外科と呼ばれたほどに、手術療法が積極的に行われていました。しかし現在は手術療法を選択することが減少して、服薬で治療することが増加しているのです。このように服薬による治療が増加したのは、手軽に実施できることが大きな要因になっています。また同じ薬物療法であっても、点滴は注射をする必要があります。注射の場合には、痛みを伴うことや感染のリスクがあるために、苦手な人が多いのも実情です。これに対して服薬であれば、注射をすることなく飲むだけで可能なのです。したがって今後は服薬による治療が、より増加することが見込まれています。

誤嚥性肺炎が多いです

このように手軽で効果の高い服薬ですが、いくつかの注意点を守ることが必要です。なかでも高齢者の場合には、誤嚥性肺炎に注意しなければなりません。誤嚥性肺炎とは、飲み込んだ飲食物が誤って気道に入って、肺炎を引き起こす疾患です。飲み込む能力は年齢を重ねるごとに、低下することが一般的です。その点において高齢者は、飲み込む能力がとくに低下するので、誤嚥性肺炎の発症が多くなります。高齢者が肺炎を発症すると、免疫力が低下しているので、高熱を呈することも珍しくありません。そのため高齢者の誤嚥性肺炎は、入院して加療することが多いのです。したがって飲み込む能力の低下した高齢者は、服薬用のゼリーなどを用いると安全です。